ライブで厚底靴は迷惑になる?おすすめスニーカーやブーツをご紹介!

皆さんこんにちは。

はとば(@orz7746)です。

 

今回は、ライブで厚底靴は迷惑になるの?という疑問に答えます。

 

この記事では、

①:ライブで厚底靴は迷惑?

②:おすすめの厚底スニーカー、ブーツ

③:厚底靴で注意するべきこと

をお伝えします。

 

厚底靴があることで、身長を気にせずにライブを楽しむことができます。

ポイントを理解して楽しいライブにしましょうね!

 

はとば
ライブで厚底靴を履きたい人は要チェックですよ。

 

・ライブでの厚底靴は迷惑ではない

・ライブで履く場合には周りに配慮しよう

【注意すべきポイント】
  • あまりにも高すぎる厚底(10㎝以上を目安)は控える
  • ヒールが細く、折れやすい靴はケガの可能性もあるので止める
  • スタンド席は高さが配慮されているので厚底靴の必要は無し
  • 足があまり露出しない靴を選ぶ(サンダルやクロックスなど)

⇩この記事書いた人⇩

自己紹介

ライブで厚底靴は迷惑になるの?どんな靴なら迷惑にならないのか

結論からいうと、ライブでの厚底靴は迷惑ではありません。

他人の迷惑にならないのであればどんな靴でも問題無しです。

とはいえライブ会場で禁止されている場合は駄目ですし、高すぎる厚底靴は迷惑になりますので控えるべきです。

 

厚底靴は少しでも高さを出すためですが、その分重さもあって動きにくくなります。なので動きが多いライブでは向いていないことにも注意しないといけません。

そのあたりを考慮した上で靴を選びましょう。

 

厚底靴をライブで履く場合に注意すべきポイントは?

【注意すべきポイント】
  • あまりにも高すぎる厚底(10㎝以上を目安)は控える
  • ヒールが細く、折れやすい靴はケガの可能性もあるので止める
  • スタンド席は高さが配慮されているので厚底靴の必要は無し
  • 足があまり露出しない靴を選ぶ(サンダルやクロックスなど)

 

まず一番大切なポイントは公式で認められているかです。

厚底靴が禁止されているライブもありますので、公式からのアナウンスをしっかり確認してください。

公式が禁止している場合は絶対に止めましょう。演者さんにも他の方にも迷惑です。

 

高すぎる厚底は控える

いくら公式で認められているからといっても高すぎる厚底靴は控えましょう。

高すぎる厚底だと自分より後方のお客さんが見えにくくなる可能性があり、それがトラブルに発展することもあります。

 

はとば
自分の身長にもよりますが、目安として10㎝以上の厚底をボーダーとして考えるといいかもしれません。

 

ヒールが細い靴は禁止!ケガの恐れがあるので足を露出しない

ヒールが細い靴はヒールが折れてケガの恐れがありますし、周りの人の足を踏んでしまうとケガをさせてしまう可能性さえあります。

サンダルやクロックスなど足が露出する靴は自分のケガ防止のためにも控えましょう。

 

靴によっては重くて疲れやすい

厚底靴は履き慣れている靴と違って、違和感や重さを感じやすいものです。

ライブ後も靴擦れの可能性があるので、履き慣れていない靴はライブには向いていません。

少なくともライブ前に一回は履いて慣らしておきましょう。

 

Sponsored Links

ライブにおすすめな厚底靴を選んでみた

ライブで長時間履いていても疲れにくいものを厳選しています。

どれもライブには向いていますので、自分の好みの靴を選んでみて下さいね!

ziitop厚底スニーカー【厚底8㎝

おすすめポイント

・エアクッションで衝撃を吸収してくれる。

・通気性がよくて蒸れにくい。

軽くて履きやすい。

 

 
はとば
立ち仕事をする人もおすすめされている厚底スニーカー。ライブははもちろん、普段使いにもバッチリなデザインです。
ziitop
¥3,180 (2022/11/13 20:56時点 | Amazon調べ)

YOSUKE:厚底レースアップスニーカー【厚底7.5㎝】

おすすめポイント

歩きやすくデザインも可愛い

ソールがあるので疲れにくい

サイドにファスナーがあって履きやすい。

 

 
はとば

個性的なデザインでライブやフェスなどのイベントにも大活躍!サイドのファスナーが履きやすさに直結しています。遊びゴコロいっぱいのブランドです。

YOSUKE(ヨースケ)
¥7,667 (2022/11/14 19:54時点 | Amazon調べ)

GoodValue厚底ダッドスニーカー【厚底5㎝】

おすすめポイント

防滑・防震機能があってライブに最適

コスパが良い。

ソールがやわらかく長時間向き

 

 
はとば

ライブだけではなく、日常の通学や通勤など普段のカジュアルスタイルにも合わせやすい、オールラウンドに履けるスニーカーです。

ライブで厚底靴は迷惑じゃない!おすすめスニーカーやブーツで参戦しよう!

・ライブでの厚底靴は迷惑ではない

・ライブで履く場合には周りに配慮しよう

【注意すべきポイント】
  • あまりにも高すぎる厚底(10㎝以上を目安)は控える
  • ヒールが細く、折れやすい靴はケガの可能性もあるので止める
  • スタンド席は高さが配慮されているので厚底靴の必要は無し
  • 足があまり露出しない靴を選ぶ(サンダルやクロックスなど)

 

厚底靴は周囲に配慮すれば迷惑になりません。

せっかくのライブ、少しでも楽しめるように厚底靴を準備しても良いのではないでしょうか。

 

はとば
日常でも厚底靴はファッションとして使いやすいです。一足あると結構使い回せまて便利ですよ!
 
関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブ遠征におすすめなキャリーバッグとサイズについて紹介します。   ライブやイベントに当選した時に遠距離だと遠征が必要です。 キャリーバッグだと飛行機[…]

【ライブ遠征】キャリーバッグの選び方:おすすめサイズについても解説!
関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブ遠征でのリュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。   ライブ遠征では荷物少なく、身軽に行動したいものです。 私は遠征先で困らないよう、厳選[…]

【ライブ遠征】リュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。
関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブやコンサートで双眼鏡が必要かという疑問に答えます。   この記事では、 ①:ライブで双眼鏡は必要なの? ②:ライブに適した双眼鏡の5つの条件 ③[…]

Sponsored Links