【ライブ遠征】キャリーバッグの選び方:おすすめサイズについても解説!

【ライブ遠征】キャリーバッグの選び方はこれ!おすすめサイズについても解説!

【ライブ遠征】キャリーバッグの選び方:おすすめサイズについても解説!

皆さんこんにちは。

はとば(@orz7746)です。

 

今回は、ライブ遠征におすすめなキャリーバッグとサイズについて紹介します。

 

ライブやイベントに当選した時に遠距離だと遠征が必要です。

キャリーバッグだと飛行機内に持ち込み出来るサイズが分からなかったり、移動の邪魔にならないかなど不安になることも多いですよね。

楽しいライブにするためにそんな悩みを解決しますよ!

 

・遠征条件からキャリーバッグのサイズを考える

【キャリーバッグを選ぶポイント】

  • 飛行機対応の3辺が45×35×20㎝で7kg以下を選ぶ
  • コインロッカーに関してはあまり考える必要はない
  • 強度や防犯機能は要確認!

⇩この記事書いた人⇩

自己紹介

【ライブ遠征】キャリーバッグのサイズの決め方

遠征日数や何を持っていくかによってキャリーバッグのサイズは変わります。

飛行機や夜行バスなど公共交通機関に預けられるかもポイントです。

一つずつ確認していきましょう。

 

ライブ遠征に持っていくもの

【最低限必要なもの】

  • ライブチケット
  • 携帯、財布
  • 交通チケット、身分証明書(免許証や学生証)
  • 充電器orモバイルバッテリー
  • 衣類、タオル
  • 応援グッズ
  • ハンカチ、ティッシュ
  • 常備薬・化粧品
 
私は毎回こんな感じですね。
日帰り遠征じゃない場合は衣服を持っていく必要があるので荷物が少し多くなります。
あとは軽食をちょっと持ってると小腹空いたときに助かるかも。
 

ライブ遠征の日数

ライブの前日入りや2days参戦するなど、遠征日数が長いほど衣服の替えや持っていくものが増えます。

この場合はキャリーバッグのサイズも少し大きくする必要があります。

 

飛行機・コインロッカーに預けられるか

飛行機の場合は機内に持ち込めるサイズ・重量が決まっています。

規定に合ったキャリーバッグを持っていかないと機内に持ち込むことが出来ません。

 

コインロッカーもイベント終わりに観光するなど便利な場面があったりします。

余裕があればここもチェックしておきたいところですね。

 

【ライブ遠征】飛行機に持ち込めるキャリーバッグのサイズは?

各航空会社のHPから情報をまとめました。

飛行機内持ち込めるサイズは各社以下の通りです。

ANA(全日空)
100席以上


3辺の和が115cm以内かつ
55cm × 40cm × 25cm以内

10㎏以内

ANA(全日空)
100席未満


3辺の和が100cm以内
かつ
45cm × 35cm × 20cm以内

10㎏以内

JAL(日本航空)
100席以上


3辺の和が115cm以内かつ
55cm × 40cm × 25cm以内

10㎏以内
JAL(日本航空)
100席未満


3辺の和が100cm以内
かつ
45cm × 35cm × 20cm以内

10㎏以内
Jetstar(ジェットスター)


3辺の和が115cm以内かつ
56cm×36cm×23cm以内

7㎏以内
Peach(ピーチ)


3辺の和が115cm以内かつ
50cm × 40cm × 25cm以内

7㎏以内
AIR DO(エア・ドゥ) 
3辺の和が115cm以内かつ
50cm × 40cm × 25cm以内
10㎏以内
SKYMARK(スカイマーク)

3辺の合計が115cm以内かつ
55cm×40cm×25cm以内

10㎏以内

3辺が『45㎝×35㎝×20㎝』で『7kg以下』のキャリーバッグを選ぶと、大体の航空会社で機内持ち込みが可能となります。

サイズや重量がオーバーする場合は貨物室に搭載してもらうか、特別旅客料金を払って座席をもう一つ確保する必要があるので注意してください。

 

【ライブ遠征】コインロッカーに預けられるサイズ

駅などにあるコインロッカーはサイズいくつか準備されています。

JR東日本の場合、コインロッカーのサイズは四つありますが違うのは縦(高さ)だけです。

コインロッカーの構造上、横幅と奥行は固定されます。よって横34cm×奥行57cmは固定。

 

特大サイズの高さが103cmなのでそれ以下であればキャリーバッグを預けるのに問題はありません。

 

キャリーバッグorリュック、どっちがおすすめ?

移動に関してはリュックの方がおすすめです。

両手が塞がることもありませんし、移動の邪魔にもなりにくい!

私は移動にストレスを感じたくない人間なので、ぜっっったいにリュックは持って行きます。

今使ってるリュックが疲れにくいし頑丈、収納ポケットも多い!みたいなライブ遠征向けみたいなリュックで大助かり(笑)

 

ライブ会場にそのまま向かう事が出来るのもリュックの魅力と言えます。

とはいえ、荷物が多い場合にはキャリーバッグの方が容量もあるので、状況に応じて使い分けるのがベストです。

実際の使い方として衣類やライブグッズはキャリーバッグに。身の回り品だけリュックで持ち運ぶのが楽でしたよ。

 

関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブ遠征でのリュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。   ライブ遠征では荷物少なく、身軽に行動したいものです。 私は遠征先で困らないよう、厳選[…]

【ライブ遠征】リュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。

ライブ遠征でおすすめキャリーバッグ

fancywonderland安くて大容量、強度もばっちり!

個人的にこのキャリーバッグのSサイズがライブ遠征に向いていると思います。

最低限の機能は付いていますし保証もあって安心して使えます。

ちなみに私が使ってるのもこの旧タイプのキャリーバッグです。

 

使うと分かるんですが、細かいポケットもあるので小分けもしやすいんですよね。

充電器や小型のモバイルバッテリーもここにしまっておけば分かりやすくて便利です。

 

何より安いのがオタクに優しいですね!

一万円超えないので比較的に手を出しやすいお値段かなーと。

それこそこれ以上のものはグレードが高く、仕事で使うような人向けなので買わなくていいです。

それなら推しに貢ぐべきです。

 

ちょっとした旅行やお出かけにも使えるサイズ感なので、持っていない方はどうせなら買いましょう(笑)

推し活が楽になること保証します!

 

ライブ遠征に適したキャリーバッグで楽しいオタ活生活を!

前提として日帰りか連日参戦するかなど条件によっておすすめサイズは変わります。

さらにいえば、どうしてもリュックだけでは体力が持ちませんし、ライブ前後も体力を使いたくないものです。

慣れない土地だから普段よりも疲れやすいですし。

 

そんなときに推し活を効率よく楽しむためにもキャリーバッグを買うことをおすすめします。

グッズもいっぱい仕舞えるので一石二鳥です!

関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブ遠征でのリュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。   ライブ遠征では荷物少なく、身軽に行動したいものです。 私は遠征先で困らないよう、厳選[…]

【ライブ遠征】リュックの中身・おすすめのリュックを紹介します。
関連記事

皆さんこんにちは。 はとば(@orz7746)です。   今回は、ライブやコンサートで双眼鏡が必要かという疑問に答えます。   この記事では、 ①:ライブで双眼鏡は必要なの? ②:ライブに適した双眼鏡の5つの条件 ③[…]

Sponsored Links