注目キーワード
  1. 一人暮らし
  2. 社会人
  3. お金
宅建の独学合格は難しい?

宅建の独学合格は難しい?初心者でも合格!対策方法【2022年】

宅建の独学合格は難しい?

こんにちは。はとばです。

・宅建試験を独学で勉強して失敗したくない…

・宅建試験の独学だと合格って難しい?

・宅建士の試験合格するのにおすすめな講座や教材が知りたい!

この記事に辿り着いた「貴方」もこのように思っているのではないでしょうか。

 

はとば
はとば
年一回の試験ですし、失敗したくないですよねー…
 
ということで、宅建士の独学合格は難しいのか。
そしてその対策法についてを記事にまとめたいと思います。
 
とりあえず、宅地建物取引士(宅建士)の試験合格した私の結論としては
受講した方が合格できる可能性は断然高い
これです。
私は独学で合格しましたが、講座を受講すれば良かったと本気で思っています。
 
記事を読み、それでも独学を目指す方はこちらを参考にしてください。
関連記事

こんにちは。はとばです。 ・宅建士の試験を独学で合格できるか不安… ・宅建士の試験合格するにはどれくらいの時間必要なの? ・宅建士の試験合格するのにおススメな参考書や勉強法が知りたい! この記事をたどり着いた貴方は、このような悩みを抱えて[…]

宅建士試験に合格できた勉強法
 
正直、初心者ながらよく独学で合格したものだと今でも思っています。
 
今回はその経験を踏まえ、この記事でその難しさを説明したいと思います。
対策法やおすすめ講座も紹介しますので、是非最後まで読んでいってくださいね。
 
私が宅建士試験を合格した証明として、「合格証書」を載せておきます。
宅建合格証

宅建の独学が難しいと思う理由

・質問が出来ない

・スケジュール管理

・法改正への対応

 
まず第一に。
難しいだけで独学でも合格は可能です。
それだけは事実であり、独学を否定するつもりはありません。
 
はとば
はとば
私も働きながら独学で合格しました…!
 
ただ、そんな私から言わせてもらうと、
絶対講座を受講した方が効率良いし精神的に気が楽になります。
 
お金はかかりますがそれだけの価値があります。
 
社会人や他分野の方は特に受講した方がいいです。
宅建士の独学はそれだけ努力しないと合格は厳しい試験だと感じました。
 
ここからは私がそう感じた理由を一つずつ説明していきます。

宅建の独学が難しいと思う理由①:「質問が出来ない」

どんな試験でもそうですが、質問出来ないのは結構辛いです。

宅建試験は過去問を重点的に勉強することになるのですが、参考書や問題集に自分が知りたい答えが書いていないことが多々あります。

 

まぁこれは当然といえば当然です。

参考書や問題集は模範的な回答してるだけで、個別対応してくれてるわけではありませんから。

答えの選択肢はこれ。理由はこう。

こんな感じに雑に書いてある事が多いです。いや、本当に。

 

何故こうなるのか、どの知識を使ってこうなったのかという「私」の疑問を解決してくれません。

そしてその疑問を放置してると簡単に試験に落ちてしまうので、様々な方法を使い自分で解決するしかありません。

この為の時間が勿体無い…!

 

確かに自分で調べることで覚えやすくなるかもしれませんが、それは調べる疑問が少ないときに限ります

他分野の人や初心者の人は圧倒的に調べる数が多くなります。
だって知らない事だらけですから。

それを自分で全部調べて解決していくと物凄く時間がかかる…!

 

はとば
はとば
私もめちゃくちゃ時間かかりました…
 

特に社会人はこの作業に時間を割きたくありません。

というかそんな時間に余裕は無いはずです。

働きながら勉強するのはそれくらい大変なことです。

それを防ぐためにも講義を受講し、講師に質問出来る状態を作るのは大切だと思います。
独学で挑む場合は質問出来ない事を覚悟で努力するしかありません。

宅建の独学が難しいと思う理由②:「スケジュール管理」

講義ではある程度のスケジュールが設定されていることが多いです。

独学だと自分で設定しなくてはいけません。

試験までの日数、どの科目にどのくらい時間をかけるか、どの分野を中心に取り組むか、
一日何時間勉強するか、過去問や模試にはどのタイミングで取り組むか、復習はどの頻度で行うか、etc.
 
スケジュール管理は宅建試験を合格するのに重要なことの一つです。
スケジュール管理が得意な人は問題ありませんが、苦手な人には独学は難しいかもしれません。
 
はとば
はとば
計画を立てても、その計画が崩れたら修正は自分でしなくていけません…!
 
試験目前になって焦ることがないよう、スクールのカリキュラムに任せるのも一つの手です。
 
課題や提出物を後へ後へと引き延ばす人は要注意!

宅建の独学が難しいと思う理由③:「法改正への対応」

宅建試験では不動産関連の法律問題は勿論、民放も出題されます。

これらが毎年と言っていいほど法改正により数値・言葉・意味合いが変わっています

 

当たり前ですが、これにも対応して勉強しなくてはいけません。

独学だとまず何が昨年と変更になったのか、変わったことによりどの単元まで影響が出ているのかを把握する必要があります

これも時間がかかる作業で、独学だと合格が難しいと思う理由の一つです。

独学ではなく講座で合格する場合

講座と言っても色々な商品やサービスがあります。

その中でもおすすめ出来る講座を二つ紹介します。

講座①:【LEC東京リーガルマインド】

フレミアム合格フルコースは、宅地建物取引士の試験に合格するための重要知識を徹底的に理解・定着させることを目標としています。

・スーパー合格講座(input)
宅建士試験に精通したLEC専任講師が、難しい専門用語を極力使わず、具体例を使って
分かりやすく説明します。

・分野別!これだけ演習総まとめ講座(review)
インプット講義の復習・総まとめの確認にも最適。実戦応用の土台の確認に使うとより実力が養成されます。

・マスター演習講座(review)
スーパー合格講座の内容を問題を解きながら定着させていきます。

・模試(output)
本試験さながらの演習トレーニングを繰り返し、知識の刷り込みをはかります。

また、出た順必勝総まとめ講座など、本試験直前講座(演習形式の講義)を充実させ、実力の総仕上げをしていきます。

引用:【LEC東京リーガルマインド】

LECさんの講座を受講し、真剣に勉強すれば確実に受かると私は思っています。
正直これでも落ちる人はそもそもの勉強時間が足りていないか、よっぽど勉強が苦手な人のどちらかかと…

内容も

試験に受かるために必要な情報は全て含まれている!
と言っても過言ではないくらいのボリュームです。

唯一ネックになるのは講座の料金が10万円越えと言ったところでしょうか。
確かに安い講座ではありません。

 

はとば
はとば
私もちょっと尻込みしてしまいます…(笑)
 

ですが、受講すればほぼ確実に合格出来る。
そして一生資格を所持出来ると考えると安いのかなと。

自己投資として払っても損はしないと思います。
そして払ったからには合格するという気持ちで勉強しましょう。

講座②:【スタケン宅建講座】

はい、詐欺みたいなサムネしていますが嘘ではありません。

なんとスタケン宅建講座さんは合格した人には講座費用を全額返金しています。

返金条件も「試験合格+宅建士証の交付を受ける」というシンプルな条件です。

 

というか元値が3万円とそもそも安いんですけどね。

一瞬でも興味が出た方は動画を見てもらえればどんな感じなのか分かると思いますよ。

教材や模試も他の講座より劣っている訳ではなさそうです。

何より動画やスマホといったコンテンツでの勉強法に焦点を当てた講座なのが良い!

隙間時間や出先で勉強できるのは社会人には大助かりです。

 

無料体験もやっているのでとりあえず無料で試してみて、自分に合ったら正式に受講しても良いでしょう。

(無料体験はTOPページの下の方にクリックするところがあります。)

 

はとば
はとば
コスパだけで考えれば最高レベルの講座間違い無いです!

それでも独学で合格目指す人へ

ワンポイントアドバイス

ここまでは独学では合格するのは難しいと言い続けました。

それは独学で受験した私の経験から講座を受けた方が楽だと思ったからです。

 

「講座も全額返金のスタケン宅建講座も使いたくない!」
「余計なお金使わないで合格したい」
 

それはそれで良いと思います。

合格への道は一つではありません。

ただ、何回か言いましたが生半可な覚悟と努力では合格は難しいです。

 

試験に落ちたら次の試験は一年後。
試験日までまた勉強しなくてはいけないというプレッシャー。

それを受け入れて努力できる人は独学でも良いと思います。

 

そんな人には独学での勉強法をまとめた以下の記事を読むことをおすすめします。

スケジュールから教材、勉強時間など必要な情報をまとめています

是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

こんにちは。はとばです。 ・宅建士の試験を独学で合格できるか不安… ・宅建士の試験合格するにはどれくらいの時間必要なの? ・宅建士の試験合格するのにおススメな参考書や勉強法が知りたい! この記事をたどり着いた貴方は、このような悩みを抱えて[…]

宅建士試験に合格できた勉強法

宅建の独学は難しいけどやり方次第で合格できる

独学でも合格は可能ですが、難易度は高いと思います。
講座を受講した方が合格できる可能性は断然高いでしょう。

講座は【LEC東京リーガルマインド】【スタケン宅建講座】が個人的にはおすすめです。

独学で挑む場合は時間が命。
時間をどれだけ捻出出来るかが合格の秘訣。

最初にも言いましたが、難しいだけで独学でも合格は可能です。
それだけは事実です。
この事と独学の難しさを考慮した上で、独学を貫くか講座を利用してみるか判断してみると良いと思いますよ。
 
どんな勉強法であれ「貴方」が宅建試験に合格することを祈っています。
 
はとばでした。
\今回おすすめした講座はこちら/