注目キーワード
  1. 一人暮らし
  2. 社会人
  3. お金
ワードプレスで段落や改行が反映されない場合の対処法

【ワードプレス】段落・改行が反映されない時の対処法【Toggle wpautop】

ワードプレスで段落や改行が反映されない場合の対処法

こんにちは。はとばです。

ワードプレスでブログを書いているとこんな現象に出会いました。

 

はとば
急に段落や改行が反映されなくなった…
 
そうです、記事内で段落や改行が反映されなくなったのです。
ビジュアルエディター・コードエディター共に駄目で、プレビュー画面にも反映されず…
苦節三ケ月…なんやかんやで色々試した結果、無事に解決しました。
 
今回はそんな時にどのように対処すればいいかお伝えしたいと思います。
この記事が悩んでいる人の助けになれば幸いです!
 

Toggle wpautop(プラグイン)を導入→◎私はこれで対処成功!

TinyMCE Advanced(プラグイン)を導入→△テーマに干渉する場合あり

function.phpフォルダにコードを書く→×反映されなかった

 

 
はとば
記事内で詳しく説明しますね!
 
ちなみに私が使用しているテーマは「THE THOR」です
 

ワードプレスで段落・改行が反映されない『原因』

ワードプレスで段落や改行が反映されない原因は「自動整形機能」が搭載されているからです。

自動整形機能:HTMLの知識が無くても自動でタグを挿入し、記事を整形してくれる機能のこと
 
これが搭載されていることで簡単にブログを書いたり、記事を編集することが出来ます。
 
しかし、この機能が仇となって自分の思うように記事が整形できなくなることもあります。
例えば連続して段落をいれようとしても、エディターでは一つの段落としか反映されません。
どれだけ段落を挿入しても二つ目以降は削除されてしまいます。
 
これがワードプレスで段落や改行が反映されない原因とされています。
 
段落や改行が反映されない原因は自動整形機能によるもの

ワードプレスで段落・改行が反映されない時の対処法

ワードプレスで段落・改行を反映させる対処法①:Toggle wpautop(プラグイン)

私はこのプラグインで解決しました。

他のプラグインとも干渉せず、自動整形機能を無効にできます。

 

①『Toggle wpautop』をワードプレスにインストールする

②ワードプレスの「設定」→「投稿設定」で必要な場所にチェックを入れる

 

Toggle wpautop 設定方法

自動整形機能を無効にしたい人は、「Auto Enable」と「投稿」にチェックを入れるだけ

これにより基本的に自動整形機能が無効になります。

 

はとば
自動整形機能を無効にするだけならこれで十分ですよ!

 

ワードプレスで段落・改行を反映させる対処法②:TinyMCE Advanced(プラグイン)

このプラグインは人気ですよね。

こちらにも自動整形機能を無効に出来る設定があります。

 

①『TinyMCE Advanced』をワードプレスにインストールする

②ワードプレスの「設定」→「TinyMCE Advanced」→「エディター設定」→「高度なオプション」で必要な場所にチェックを入れる
 
「Keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editor」という欄にチェックを入れましょう。
これで自動整形機能を無効になります。
 
はとば
私は他のプラグインと干渉したので止めました…

ワードプレスで段落・改行を反映させる対処法③:function.phpフォルダにコードを書く

プラグインに頼らず、直接コードを書く方法もあります。

が、私は上手く反応しなかったのでこの方法はあまりおすすめできません。

ワードプレスのバックアップを取ったり準備も面倒くさかったりします。

 

そもそもコード書くならプラグインで済ませた方が簡単です。

『Toggle wpautop』でワードプレスの段落・改行が反映されるよう対処しよう

 

Toggle wpautop(プラグイン)を導入→◎私はこれで対処成功!

TinyMCE Advanced(プラグイン)を導入→△テーマに干渉する場合あり

function.phpフォルダにコードを書く→×反映されなかった

自動整形機能が原因なので、それを無効に出来るなら他の方法でも問題ないでしょう。

とはいえ、プラグインで解決できる問題なので、紹介したプラグインを使うのが無難だと思います。

 

 
はとば
『Toggle wpautop』が簡単でおすすめです!

 

この記事で同じ悩みを持った人が救われたら嬉しいです。

はとばでした。