タンク式食洗器おすすめするアイキャッチ

【工事不要!】一人暮らしはタンク式食洗器がおすすめな理由

タンク式食洗器おすすめするアイキャッチ

こんにちは。はとばです。

一人暮らしでも自炊をする方は洗い物が多いです。
全部手洗いすると時間もかかるし面倒くさい。

 

それを解決してくれるのが食洗機です。

 

しかし食洗機に興味があっても大きな買い物ですし、一人暮らしに必要なの?と感じると思います。

なので今回はそんな一人暮らしの方におすすめな食洗機と、一人暮らしにおける食洗機に対する疑問を解決したいと思います。

 

・一人暮らしでも必要なの?使えるの?

・置き場は?

・そもそもどういう物なの?

実際に私が使っている食洗機も紹介します。

使っていて感じたメリットとデメリットも合わせて紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

一人暮らしはタンク式食洗器がおすすめ!

 

早速ですが、一人暮らしの方にはタンク式の食洗機がおすすめと言えるでしょう。

私が愛用している食洗器、「Jaime(ジェイム)」もタンク式食洗機となります。

 

 

とは言うものの、まず食洗機とはどういうものか軽く触れておきましょう。

 

難しい話では無いので、軽く読むくらいで十分ですよ。

 

食洗器の種類は色々ある?

 

食洗機とはお皿など食器をを洗ってくれる機械を言います。

これは分かりますよね。

 

そしてその食洗機にも大雑把に種類が2つあります。

それは据え置き型(卓上型)と呼ばれるタイプと、ビルトイン型と呼ばれるタイプです。

 

据え置き型タイプ(卓上型タイプ)

 

ジェイム商品画像

 

据え置き型はキッチンに取り付ける必要も無く、食洗機単体で独立しています。

なので、コンセントや置き場確保・分水栓問題さえ解決出来れば何処にでも設置する事が可能となります。

賃貸物件や今後引越し予定があっても導入可能です。

 

今回おすすめのタンク式食洗機もこのタイプに分類されます。

 

ビルトイン型タイプ 

 

ビルトイン食洗器

 

ビルトイン型はシンク下などキッチンに取り付けるタイプの食洗機になります。

設置には工事が必要なものの、キッチンがスッキリし幅を取らない事が特徴と言えます。

新築で家を建てると同時に導入したりする方が多いです。

 

違いは?

 

大きな違いは導入のしやすさです。

ビルトイン型タイプはどうしても工事が必要となる為、本体費用に加え工事費用と時間がかかってしまいます。

その点、据え置き型タイプは本体費用のみで導入可能となります。(例外もあり)

 

タンク式食洗器がおすすめな理由

 

先程までで一人暮らしだったらとりあえず据え置き型にすればいいんじゃないの?

と思った方もいるかもしれません。

 

確かに据え置き型にさえすれば間違いはないでしょう。

しかし導入するのであれば、据え置き型の中でも私は「タンク式」食洗機を強くおすすめします!

 

何故これ程おすすめするのか。

ここからはこれだけ強くおすすめする理由を説明します。

 

分水栓工事が不要 

 

工事する女性

 

これです。

これが理由の大半を占めると考えて間違いないです。
それくらい分水栓工事が必要無いのは魅力的なのです。

 

まず、分水栓工事が無いだけで導入のしやすさが跳ね上がります。

 

考えてみて下さい。

食洗機を買っていざ使おうとしても水道と連結しないと水が使えない。

分水栓も無いから業者に頼まないと使えない。

工事にも費用がかかる。時間もかかる。

 

さらに分水栓を使うという事は、食洗機は分水栓と連結出来る距離に置かないといけません。

置き場にも制限がかかります。

 

タンク式はその心配がいりません。

使用時は備え付きのタンクに1回で使う水を直接貯める事で洗ってくれます。

置き場もキッチン近くに置かなくとも良く、リビングの端などに置いても大丈夫なのです。

 

本体購入だけでよく、工事不要・置き場も自由。

これは一人暮らしには大きなメリットになると思います。

 

そもそも分水栓とは? 

分水栓とは配水管から給水管を分岐する際に用いる給水用具の事を言います。

タンク式じゃない場合、この分水栓を取り付けないと食洗機に水を供給出来ません。

 

気軽に置ける!置き場所が自由 

 

タンク式はタンクに水を貯めれば使えます。

そうなると給水栓を気にする必要が無くなりますので、基本的に置き場所は自由になります。

ただし、排水場所は必要になりますのでバケツなどを準備し、排水場所を確保する必要は出てきます。 

 

引っ越しなどの移動にも強い

 

引っ越し

 

分水栓工事が不要なので引越しをしてもすぐ使えます。

一人暮らしだと引越しをする機会がいつあるか分からないので、このメリットも大きいでしょう。

 

一人暮らし三年目が愛用してる食洗器「Jaime(ジェイム)」 

 

そんなタンク式食洗機でも私が愛用しているのは、「Jaime(ジェイム)」という食洗機です。

 

「Jaime(ジェイム)」はこんな食洗器!

 

エスケイジャパンから販売されている「Jaime(ジェイム)」

業界初のタンク式とされており、ほかのメーカーと比べ扉が大きく、食器が出し入れしやすいとされてます。

気になる方は公式の紹介動画を見るとわかりやすいです。

 

 

音も大きくなく、体感洗濯機と同じかそれ以下ですね。

夜中に使用しても隣人から苦情が来たこともありません。

 

電気代もそんなに高くないと思います。

以前に書いた記事の段階で、既に食洗器を使用した電気代となっています。

 

 

最大の特徴はタンク外して給水できる点

 

何故この食洗機を愛用しているかと言うと、タンク式でもこの「Jaime(ジェイム)」はタンクそのものを取り外して給水する事が出来るのです。

他のメーカーではタンクが外せず、計量ボトル等で数回に分けて給水しなくてはいけません。

これが結構面倒臭い作業です。

 

それがタンクを外せる「Jaime(ジェイム)」は水道から直にタンクに給水が出来るので非常に便利で、時短にもなります。

タンクを取り外した状態
実際に外して給水してる様子

せっかく食洗機を導入したのですから、時間と手間は出来るだけ省きたいです。

 

洗剤入れるのも楽だったりする

 

他のメーカーを詳しく知らないですが、「Jaime(ジェイム)」に限って言えば洗剤を入れる固定の場所がありません。

何処に入れるかというと、食洗機の扉に入れるだけです。

 

食洗器開いた様子

 

この開いている扉の好きなところに入れるだけです。

些細な事ですが、細かな点を気にしなくていいのは助かります。

 

タンク式食洗器のデメリット

悩む人

 

メリットばかり紹介しててもアレなので、デメリットも紹介します。

 

タンクに水を入れるのが面倒くさい

 

タンク式故の弱点です。

これが嫌だとなると分水栓を取り付ける必要がありますが…

他のメリットと比べた時に何を優先するかになりますね。

 

個人的には一人暮らしなのであれば我慢すべき点だと思っています。

 

置き場所によっては排水処理しないと駄目

 

先程チラッと書きましたが排水場所は必要となります。

給水があるのですから排水もあるのは当然です。

 

これに関しては排水ホース先に、バケツなどを置くことで置き場所の問題と共に解決すると思います。

ただ、バケツ内の排水を捨てないと臭いが出てきますので、その処理のひと手間が増えるデメリットはどうしてもあるでしょう。

 

コップなどに白い跡が…これは何?

 

私が使っててお皿やコップに謎の白い跡が残っている事があります。

取扱説明書を確認したところ、これは水に含まれているミネラル等が付着して出来た跡らしく、
健康には問題ないようですが見た目が気になるのであればデメリットかもしれません。

 

ちなみに軽く拭くだけで跡は落ちます。

 

一人暮らしは迷わずタンク式食洗器を選ぼう!

 

やはり私的にはタンク式食洗機一択だと思います。

安くない買物ですが、あると生活が豊かになる事間違い無いですよ!

 

買う勇気が出ない…そんな人にはレンタル品も!

 

最近では家電をレンタルで貸し出しているサービスもあるみたいです。

こちらで一度レンタルして良ければ購入するのも良いかもしれません。

 

 

はとばでした。

 

\今回おススメした商品はこちら/

Sponsored Links