注目キーワード
  1. 一人暮らし
  2. 社会人
  3. お金
クレイド参考画像(公式引用2)

【口コミ】CLAYD(クレイド)はプレゼントにも最適な入浴剤!使用感と特徴は?

クレイド参考画像(公式引用2)

こんにちは。はとばです。

CLAYD(クレイド)は芸能人の方も利用している、プレゼントにも人気の入浴剤です。

値段は少し高めですが、高級感のある入浴剤なので評判が気になる方は多いかと思います。

そんな入浴剤を実際に購入して使ってみたので、その使用感をまとめてみました。

 

はとば
女性へのプレゼントとしてもおすすめですよ!
 
購入を考えている人は参考にしていただければ幸いです。
 

プレゼントにも人気のCLAYD(クレイド)はどんな入浴剤?

 

CLAYD(クレイド)とは?

クレイド参考画像(公式引用5)

 

クレイドはアメリカ西海岸で採掘できるクレイ(土・泥)から出来ている入浴剤です。

ミネラルも豊富なモンモリロナイトのクレイで作られていて、色身もクレイと言うだけあって灰茶色に近い色身をしています。

 

クレイは火山灰が地上に堆積し、数万年の時を経て出来上がった粘土層から採れる粘土の事。

そしてモンモリナイトはクレイの種類の一つです。
クレイには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

モンモリロナイトは特に浄化のクレイと言われています。

 

CLAYD(クレイド)の特徴

クレイドには大きく四つの特徴があります。

I. Warm-up 〜芯まで温まる〜
II. Refresh 〜老廃物を取り去る〜
Ⅲ. Beautiful Skin 〜あこがれる素肌へ〜
Ⅳ. Good Sleep 〜質の高い眠り〜

I. Warm-up 〜芯まで温まる〜

入浴している女性

遠赤外線が出ているCLAYDのクレイは温浴効果をサポートするので、身体がしっかりと温まるのが特徴です。

クレイを入れたお湯に全身をゆっくりと浸かると心地よい発汗へと導かれるので、さっぱりとした爽快感を感じられます。

 

II. Refresh 〜老廃物を取り去る〜

マッサージしている女性

CLAYDのクレイは粒子が非常に細かく、吸着力がある上マイナスに帯電しています。

なので、プラスに帯電した老廃物や重金属・身体のニオイの素などを吸着して排出します。

 

このクレイは金属に触れると黒く変色します。
もしお風呂のお湯が黒く濁ったらそれは不要なものが取り除かれた証拠です。
 

Ⅲ. Beautiful Skin 〜あこがれる素肌へ〜

クレイドで肌パックしている女性

CLAYDのクレイは皮膚を整えるために欠かせない、豊富なミネラルを含んでいます。

水に溶けたクレイが肌につくとフィルムのような薄い膜をつくり、肌の潤いを守ってくれます。

 

Ⅳ. Good Sleep 〜質の高い眠り〜

良質な睡眠を取る女性

深く眠っている間に体は自らを整え不調を治します。

CLAYDのマイナス帯電入浴は、全身を包むようなリラクゼーションとアーシングによって、深く良質な眠りの体感をもたらします。

翌朝目覚めた時に、身体がすっきりと軽くなっているような感覚を味わえます。

 

はとば
使った翌日の寝起きが凄く良くなりました!
 

CLAYD(クレイド)を使ってみた感想

クレイド参考画像(公式引用3)

クレイドは外装は色々ありますが、中身は個包装で届きます。

私は【ONETIME GIFT】を購入しましたが、 多分どのギフトを買ってもこの包装だと思います。

 

肝心の使った感想ですが

汗が結構出た気がする

お風呂の色が若干黒になった

入浴後も身体の芯からポカポカし続けた

寝付きと寝起きが良くなった

 
この中でも身体の芯から温まったのが驚きでしたね。
入浴後も全然冷えることなく、就寝まで身体がポカポカしてました。
体感では温泉に浸かった時と同じくらいの効果です。
 
入浴剤一つでこんなに変わるものだと思わなかった…
 
はとば
本当に寝付きと寝起きが凄く良くなったのを感じました…!

 


どうしても入浴剤というと良い香りや色が綺麗だったりするイメージじゃないですか。

でもこのクレイドはほぼ無臭・灰茶色で言ってしまえば地味です。

それでもこんなに人気なのは、この効果に合ったんだなぁと実感しました。

 

仕事で疲れている親や友人、彼氏彼女へのプレゼントは勿論のこと。

自分へのプレゼントとしても良い入浴剤だと思いました。

 

CLAYD(クレイド)は驚くほど効果があるタイプの入浴剤!
 

【口コミ】CLAYD(クレイド)の評判は?

私は効果を十分に感じられましたが、他の人はどうなのでしょうか。

期待以上です。体調が優れないときはお湯の色が変わり老廃物溜め込んでいたんだーと実感します。
入浴後は、ちょっとグタッとしますがそれでも汗は出続けるので水分補給しながら汗が引いたところで寝ると爆睡です。

朝はスッキリ。色んなものを試してますが、これは本物の一品です!

引用:amazon

とてもキメが細かくていいです。
湯船に入れて頭まで全身浸かり、頭皮をマッサージしたり身体もこすると
お肌もツルツルになりますし、ポカポカに温まりとっても身体が軽くなります。

そしてついでにお風呂掃除が楽になりました。
排水口や浴室までも 洗剤なしでピカピカです。

引用:amazon

口コミを見る限りあまり悪い評判はなさそうです。

こうみると人気な理由と優秀な入浴剤だということが分かりますね。

 


余談ですが、このクレイドはパックとしても使うことが出来ます。

公式の動画を載せておきますので、購入したら試してみてはいかがでしょうか。

 

クレイドの様々な使い方をまとめている口コミはこちらから!

こちら、とにかく万能です。
レビューをみるとほとんどの方が入浴剤として使っていますが、他にもあるので残しておきます。

まず基本形のパック。
口の大きいビンに
クレイ:水 = 1:2の割合で入れ、軽く混ぜて冷蔵庫へ。
1日経ったらスプーンで混ぜ、冷蔵庫に戻します。(水が少なければ足し、ゆるければクレイを足します)
2日後に完成です。
最初ダマが多いのですが、気にせず!時間とともにクレイが水を吸収し、プルプルのパックになります。
作ってからだいたい1週間以内に使い切るようにしています。

①パック
顔に使うとものすごい効果です。
1回使うと、驚くほど美白に。リフトアップ効果もあり、顔立ちがくっきりします。
(あまりの変化で翌日からメイク変えた?と聞かれるほど)
また、ニキビや肌荒れの跡にも効果的。
使い続けると、つるっつるのむき卵になります。
顔に使っていると顔だけ白く見えるので今は首にも使っています。
背中ニキビやムダ毛の処理痕にも効果的です。

ただ、効果を期待して長時間放置し乾燥すると、お肌の水分もかなり持っていかれますので、注意です!
(私は1〜2分で流しています)
顔に使った後はよく流し、拭き取り化粧水等でしっかり落として下さい。
(余談ですが、最近この後に炭酸水をコットンに浸した炭酸パックもしています。ダブル使いでお肌が引き締まってぷりっとするのでおススメです。)

②入浴剤
粉のまま入れても良いのですが、何せダマになる!底に沈むともったいないし、お掃除が大変なので、パック状にしてから入れるようにしています。こちらにすると、ダマにもならず、量も好きに調節できるので、面倒ですが、急がば回れ、便利です。
(私は身体にパックしたままお風呂に浸かったりもします)

バスソルトとはまた違った発汗作用あります。2〜30分も浸かればベッドに入るまで身体の芯からポカポカ温まります。この温浴効果で質の高い睡眠がとれます。
そして、クレイのデトックス効果とミネラルで全身がすべすべになります。全体的に肌がワントーン明るくなり、キメが整うのでオイルなしでツヤ肌になるので露出の多い夏場には助かりますね!
最初入ったときは、入浴後にお湯が真っ黒でびっくり。使い続けるうちにあまり変化しなくなったので、老廃物の吸着除去効果、あるのかもしれません。

③お掃除
お風呂で①②の使い方をしている時に手に付いたクレイを鏡につけます。お風呂上がりに水で流すとくもりが取れてピカピカに。
お風呂ついでにお掃除ができるので便利です。
洗剤ではないので、肌も荒れません。

④口臭予防
こちらはパック前、粉の状態で使用します。
コップ1杯のお水にティースプーン1/2杯のクレイを入れるだけ。(量はお好みで調節してください)
歯磨き後に口でゆすぐと、口臭予防になります。花粉の時期はうがいすると、イガイガがとれてスッキリ。

1袋を使ってパックを作ると量がとても多いです。1週間で使い切るには上記のバリエーションがあると本当に楽しく使い切れるのでおススメです。
入浴剤として使ってみたものの、イマイチな方、是非使い方を変えてみてください。
特にフェイスパックは肌だけじゃなく顔の印象自体が変わるのでおススメです。

CLAYD(クレイド)はプレゼントにも最適な入浴剤です!

クレイド参考画像(公式引用2)

実際にポカポカしたり寝付きと寝起きが良くなるなど効果は抜群です。

クレイパックにも使えるなど、用途が多いのもプレゼントには嬉しいですね。

ギフトの箱もお洒落なのが多いので見た目でも喜んでくれること間違いなし!

 

はとば
ほぼ無臭なので、香りを気にせずプレゼントできるのもポイント!
 
 
値段的にも手を出しやすいので、ちょっとした気持ちとしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
はとばでした。
 
※当記事のクレイド製品の画像は公式サイトからの引用となります