注目キーワード
  1. 一人暮らし
  2. 社会人
  3. お金

【この金額で決まり!】社会人の誕生日プレゼント予算まとめてみた

こんにちは。はとばです。

社会人相手の誕生日プレゼントの予算で困った事はありませんか?  

 

高すぎず安すぎず、そして相手に気を使わせない程度の値段を知りたい…

そして友人や上司、恋人別にどれくらいなら丁度良いのか…  

 

今回はそんな人の為にパターン別に誕生日プレゼントの予算をまとめたいと思います。

オマケとして具体的な例も紹介するので、プレゼントする際は是非参考にしてみて下さい!  

 

①社会人の誕生日プレゼントの予算!

 友人:5,000~10,000円

 上司:3,000~5,000円

 恋人:20,000円~

②予算を決めてから使い方を考えることが大切!

③LINEギフトなどのサービスもおススメ!

もう悩まない!社会人の誕生日プレゼントの予算はこれで決まり!  

 

社会人の誕生日プレゼントの予算は、

友人:5,000~10,000円
上司:3,000~5,000円
恋人:20,000円~  
 

このくらいが妥当な予算でしょう。

高過ぎず安すぎず、プレゼントする側も手の出しやすい予算かと思います。  

 

ただ相手との関係性で変動はします。  

 

仲の良くない友人にプレゼントしなくてはいけない状況があったとします。

そんな時に10,000円も払う必要はない訳です。

5,000円以下でも良いくらいです。  

 

だって仲の良くない友人なんですから。

そこまでするなんて必要ありません。  

 

そんな状況があるとは思いませんが、一例として覚えておくと良いかもしれませんね。

要するに気持ちが一番大事だよって話です。  

 

誕生日プレゼントの予算の考え方

悩んでいる男女

さて、このような予算にした理由です。

全パターンに言える事として、値段というよりこれをしたらこれくらいかかる。

という考え方で予算を組んだ事でこのようになりました。  

 

つまり予算を決めてから使い方を考えるのです。  

 

例えばお酒をプレゼントするとしましょう。

お酒は値段の幅が広く、高いものは質が良かったり製造方法の違いなど高いなりの理由があります。  

 

その理由がプレゼントとして最適解になる可能性は十分ありえます。  

 

しかし、そこを軸に考えてしまうと予算を超える可能性も出てきます。

なので予算から使い方を考える事でそれを無くせるという点もこの予算にした理由の1つです。  

 

年代・パターン別に考えてみる

 

実際にパターン別で考えてみましょう。 

1.友人の誕生日パターン

パーティーで盛り上がっている女性たち 

友人の予算は5,000〜10,000円としています。 

この予算内で考えてみると、居酒屋やレストランでご飯を奢り、2,000-3,000円程度でちょっとしたプレゼント渡すと丁度いいと思います。  

 

お店はチェーン店の居酒屋やレストランでも大丈夫です。
友人相手だと場所関係なく話すだけでも楽しいものです。  

 

それにチェーン店だと食べても5,000円程度に収まるでしょう。  

 

また、誕生日なのでちょっとしたプレゼントを渡す事で誕生日感も演出しましょう!

お菓子やお酒などでも良いですし、盛り上がるようなジョークグッズでも面白いかもしれませんね。  

 

2.上司の誕生日パターン

挨拶している男性上司

上司の予算は3,000〜5,000円としています。 

もし職場の仲間数人で買う場合には、1人1,000~1,500円程度で考えていいと思います。  

 

この予算ではお酒好きならビールひと箱を送ったり仕事で使える小物などで丁度いいと思います。

貰っても困らない消耗品なども喜ばれるかもしれません。  

 

とにかく予算を組むのにに一番考えなくてはいけないのは上司に気を遣わせないことです。  

 

上司は後輩からプレゼントされることに対し気恥ずかしさやプライドがあったりします。

「気を使わなくてもいいんだよ…!」
と素直に受け取ってくれない人もいます。  

 

そのような上司に対してあまり高価なものをプレゼントするのはナンセンスかと思います。

そこも汲み取って予算を考えることが大切です。  

 

3.恋人の誕生日パターン

デートで食事をしている男女

恋人の予算は20,000円~としています。  

 

ここに関しては大まかです。

旅館に一泊したり、普段食べれないものを食べに行ったりすると大体これぐらいに収まると思います。  

 

一応予算を決めていますが、恋人のことを真剣に考えて選んだプレゼントであれば値段は関係なく喜んでくれるはずです

なので、無理して高価なプレゼントを贈る必要はありません。  

 

無理のない範囲内で予算を組むことが大切です。  

 

予算が足りない…この予算外で考える場合は?

 

 
「もう少し予算を抑えたいなぁ…」

このように先ほど紹介した予算でも手が出しにくい方もいるかもしれません。  

 

だからと言って自分の生活資金を削ってまで人のお祝いをする必要はないような気がします。

最初に言いましたが気持ちが大事なのです。  

 

予算は目安です。

自分の考える予算内でプレゼントする事が大事なのです。  

 

今だとLINEギフトなどもあり、スタバのドリンクチケット(約1000円程度)などもあります。

これだと相手に送るだけで全てが完結するため便利です。  

 

予算を抑えつつ、渡すタイミングを伺う必要もないのも良い点です。

LINEは多くの人が利用してるSNSですから、こういうサービスを使っていくのも一つの手ですね。  

 

社会人はこの金額で誕生日プレゼントすれば問題なし!  

 

社会人の誕生日プレゼントの予算!

友人:5,000~10,000円、上司:3,000~5,000円、恋人:20,000円~

このくらいが妥当な予算かと思います。  

 

ただ、相手との関係性で変動しうるものでもあるので、予算を決めてから使い方を考えることが大切

LINEギフトなどのサービスを利用するのも良い手ですよ。  

 

関連記事

こんにちは。はとばです。 ちょっとしたお返しに使えるLINEギフト。 今回はスタバのドリンクチケットの贈り方から支払方法まで画像付きで紹介します。    画像で簡単。スタバのドリンクチケットの贈り方    ①まずはLINEからホーム画面に[…]

スタバのドリンクチケットを贈る!アイキャッチ

 

予算を考えるのは難しいですが、この記事を参考にしていただけたら幸いです。
はとばでした。